FacebookやTwitterなどのSNSから男女の関係になりえない理由はお分かり頂けたと思う。相手の目的が分からなくて、最終的に自分の目的と一致しなければ男女の関係に発展することは難しい。これはSNSだけじゃなくリアル社会でも同じことが言えるだろう。自分の周りをよく見渡してほしい。

 

職場の中で堂々と恋人募集をしている女性がどれだけいるか。さらにセフレや不倫相手となれば、ほとんどの人は口を閉ざす。多くの人は男女の関係を求めていても、知り合いや友人がいる場所では絶対に素直に口に出すことはない。日本では男女の欲求を口にするのがタブー視されている。それが職場でなくても同じだ。例えばナンパ。ナンパしてついてくる女は自分と同じ目的だからついてくる。目的が一致していなければどんなイイ男が声を掛けたところでただの変態野郎になってしまう。だからリアル社会で出会いが減少していくのだと思う。これはSNSでも一緒だ。

 

そのいっぽうで出会い系サイトはどうだろう。SNSと違い本名を公開することなく登録できるので欲求を普段より素直に出しやすい。それにそもそも出会いを求めているから出会い系を利用するんであって、出会いを求めていないのならわざわざ出会い系サイトに訪れる事もない。だから出会い系を利用しているという時点で目的は一致しているという訳だ。わざわざ目的を聞き出すこともない。あとはお互いの好みとフィーリングがあえばすぐに男女の関係に発展していくだろう。そう考えると出会い系はリアル社会よりもSNSよりも、どんな方法よりも簡単に女性と出会い、男女の関係に発展させることが出来る。他にもっといい方法があるのなら教えてほしい。要するに出会いを成功させ、男女の関係に発展させられるのは出会い系サイトだけだという事だ。